×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のための釣り具選びのポイント

初心者から上級者まで釣具に関してはお任せ下さい
トップバスフィッシングのテクニック

おすすめ

バスフィッシングのテクニック

気温や季節、時間帯などさまざまな環境要素によって活動様式が異なります。ですからバスフィッシングのテクニックは、季節や場所を考慮しながら使い分けする必要があります。バスの状態に合わせたバスフィッシングテクニックを使いましょう。また、どれだけ巧妙なバスフィッシングテクニックを習得し、それを駆使したところで、狙ったポイント付近にバスがいなければ、一人遊び、まるで落語のような光景になってしまいます。バスがどこにいるのかを的確に見極める必要があります。

春先はまだ水温が低いので、バスの動きは緩慢です。なるべく動きがゆっくりしたルアーを使って、ゆっくり動かす、止めるを繰り返します。

水温が上がってくるころには産卵期に入ります。バスも活発に動くようになります。喰いつきは春先と比べて格段によくなってきます。
産卵期が終わると、バスはまた反応しなくなります。この時期には、ステイとリアクションでバスの反射的な喰いつきを狙います。

梅雨明けから水温が25度以下の期間は、一年間のうちでバスが最も活性化する時期です。ボトムパンピングというテクニックを使い、少し早めで大きく動かしてみましょう。途中で切れることのないように、なるべく太いラインやリーダーを使うことがオススメです。

水温が上がり過ぎる真夏には、人間が涼しい場所を探すように、バスも快適に過ごすために水温が低いところに移動します。朝夕の水温がまだ上がる前の時間を狙うか、日中なら水流のあるところ、深い場所や日陰を狙います。

秋のバスは気まぐれだといわれます。人間界にも、似たようなフレーズがありますね。冬に備えるために、日によっては驚くほど食欲旺盛だったりします。動きの活発なバスが、どこにいるのか、人間の側で決めつけずに探すことが大切です。選ぶルアーはスピナーベイト、バイブレーションなど、素早く広範囲を探ることができるものが良いでしょう。

冬はバスにとっても寒い季節。活性は人間と同じように鈍くなります。バスも、少しでも温かい場所を探します。日当たりがよくて、水の流れが少ない場所に狙いを定めてみてください。
楽天ウェブサービスセンター

Copyright(C)2013 初心者のための釣り具選びのポイント All Rights Reserved.

ドメイン